読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクに乗って探します

趣味のバイクを中心として、仕事や何かへの挑戦等、その時々に興味や関心を寄せている事柄をテーマにする雑記帳です。また、バイクに乗る幸せを通じて、人生の幸せを探せる可能性を探ってみたいと思います。

大型自動二輪免許取得記 4

さて私、昨日は代休を取得し、教習所へ。

技能教習2時限目と3時限目です。
相棒は、前回と同じくCB750の3号車。
f:id:kazebike:20160928211329j:plain

昨日は知らないインストラクターだったし、他の教習生と一緒だったので、ペケJに乗りたい!と駄々は捏ねず。


まず2時限目。
毎度お決まりの外周走行から、一本橋へ。

前回、久々の一本橋ではコツをすっかり忘れており脱輪してしまったものの、だいぶ思い出してきました。

10秒以上の時間制限に対して、11秒前後。
悪くないっ!

たまに頭が動くので、頭をピタッと止めると良い、
との事。
意識すると、確かに安定感抜群!


次に急制動
悪くないっ!

2時限目はこれで終了。


短い休み時間を挟み、3時限目。
外周の後、クランクとS字。

クランクは、半クラとハンドル操作で通過。
語呂良く、
「クランク半クラハンドル操作」
と覚えました。

S字は半クラを使わず、倒し込みと、その切り返し。

どちらも問題無しっ!


続いて、スラローム
7秒以下の制限時間に対して、6秒弱。

私、これは得意!

インストラクター氏、
「課題としてのクリアはこれで大丈夫です。せっかくだから本当のスラロームに挑戦してみましょうか?」
との事……。

本当の高度なスラローム
パイロンのほんの少し手前で一番倒し込み、バックミラーをパイロンに当てるように、パイロンの裏に回り込む、
との事。

インストラクターに見本を見せてもらい、チャレンジしますが…、

本物のスラロームは、難しくてとても出来やしませんでした…。

私、スラロームが巧くも得意でもありませんでした…。
大きな勘違い…。

ただクネクネさせてただけの、バッタもん…。

バッタもんスラロームで、おめおめと、そしてコソコソとタイムだけクリアして、大型免許を貰いましょう…。


いやー、楽しかったっ!

バイク教習、本当に楽しいですねーーーっ!

次は日曜日。
オートマ教習からスタートです。

また報告しますっ!