読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクに乗って探します

趣味のバイクを中心として、仕事や何かへの挑戦等、その時々に興味や関心を寄せている事柄をテーマにする雑記帳です。また、バイクに乗る幸せを通じて、人生の幸せを探せる可能性を探ってみたいと思います。

大型自動二輪免許取得記 5

さて私、本日は技能講習4、5時限目の教習。先ずは4時限目のオートマ教習から。

 

今日は親しいインストラクター。

「先生、オートマ乗るつもりないから、マニュアル車でやろーよー」と軽口を叩くと、

 

「大型免許は、バイクなら何でも乗れるって免許なんですから、全部乗っとかなきゃダメですよ。」

 

ほーほー、説得力あるお言葉。

 

早速、オートマに乗ってみます。

 

アクセルオンからタイヤに動力が伝わるまでに、僅かなタイムラグがある特性を考慮する必要があるなど、マニュアル車とは随分乗り味が違います。

 

オートマは、クランクが少し難しい!

 

趣味ではなく、移動手段としては有りかなー。

 

短い休憩時間を挟み、5時限目。

早いもので、第一段階の見極めです。

 

3時限目の他の教習生と一緒に教習。

その方は随分苦戦しており、そちらにインストラクターは付きっきり。

 

私は、一通りの課題を廻るコースの、最初の一周と最後の一周を見てもらっただけで、ほぼ放置。

 

それでも、最後の一周の際に「一本橋は、最後の30㎝でタイムを稼げば、12秒台が出ますよ。もう一回やってみましょう。」との事で、Uターンして再度挑戦。

 

最後の30㎝で粘ってみると、12秒7!

なんと1秒以上タイムが延びました!

 

教習生の皆さん!一本橋は、最後の30㎝を粘りましょうっ!

 

スラロームは、教習生ではそう多くはいない5秒台、バイクも充分寝ている、と褒めてもらえましたが…、

私は知っています…、

自分のスラロームが、バッタもんである事を…。

 http://kazebike.hatenablog.com/entry/2016/09/28/215643

 

ちなみに、4秒台以下を目指すなら、本物の高度なスラロームが必要だそうです。

 

最後の30㎝作戦により、一本橋に安心感を持てましたので、もう特に苦手科目は無く、あとは卒検を待つのみです!

 

 

教習所を後にし、一度帰宅して昼食。

そして、すぐにバイクに乗って洗車に出発!

先日の群馬ツーリングで、雨に降られましたからね。

高速ICそばのコイン洗車で、特に底部を洗車。
f:id:kazebike:20161003065622j:image

そして、乾燥の為に高速に入ります。

 二区間ほど走り、ほぼ乾き。


f:id:kazebike:20161003065733j:image


f:id:kazebike:20161003065801j:image

 

 

帰宅して、ヘルメットのインナーを洗濯。

 

昨日スーツを購入し、裾上げを頼んでおいたので、取りに行きついでに夫婦で夕飯を食べ。


f:id:kazebike:20161002201010j:image

 

教習所にツーリングに、バイク漬けの月、バイク漬けの秋になりそうです。

 

また報告しますっ!