読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクに乗って探します

趣味のバイクを中心として、仕事や何かへの挑戦等、その時々に興味や関心を寄せている事柄をテーマにする雑記帳です。また、バイクに乗る幸せを通じて、人生の幸せを探せる可能性を探ってみたいと思います。

名誉教授と自然食品と血糖値と。

さて私、私が担当する、会社や私にとって重要顧客である某大学の名誉教授と、本日商談。

そのアポを取る際、

名誉教授・「夜は空いてるの?飲みに行こうよ。」

私・「空いてますよ。この案件、受けてくれたら飲みに行くよ。」

名誉教授・「分かった。じゃ、受け入れるから、飲みに行こう。」

私・「ホント?ありがとうございます。じゃ、飲みに行く。」

との経緯で、本日は先生と飲み会。


この先生、
真っ直・実直、善人、不器用、頑固、短気、行動力と実行力が抜群、名誉教授のくせに職人気質、女系家族から煙たがられており…。

この人柄により、私、この先生にはいつもいつも振り回されっぱなしですが、ちょっと似た者同士な私達、大変気が合います。


今晩、飲みの席で、

私・「先生、血糖値が下がらなくてさー。糖尿病かも知んない…。」

先生・「大学院時代の仲間が健康食品を研究開発していて、これが糖尿病にも有意に効果がある結果が出ている。
ただ、専門外の僕からみると、効果がある根拠が消化しきれていない。
でも、副作用は無いようだから試してみる?」

私・「うん!計測した血糖値は欠かさず報告するから、是非お願いっ!」

普段なら、「健康食品」なんて怪しい物を口には絶対にしませんが、
この先生が言うなら大丈夫と、
迷わず試す決意です。


次の日曜、健康食品を貰いに、先生の大学に行ってきます。

ソロツーリングを兼ねてバイクで行くつもりが、
「夕飯でも食べようよ、だからバイクじゃなくて車で来てよ」
との事。

わかりました、わかりました。
車で行きますよ…。


本日、
米食は、昼食に茶碗に軽く一膳のみ。
食後1時間の血糖値は160前後。
しかし2時間経過しても、その数値は下がらず…。

それでも茶碗軽く一膳なら、危険水域の血糖値200に、私でも届かないようです。


朝食は、ゆで卵2個。

昼食は、豆腐サラダ、納豆と卵の混ぜご飯を軽く一膳。

夕方、お腹が空き讃岐うどん(血糖値を計るつもりが、その時間が取れず…)。

夕飯は、先生に奢ってもらった飲み会。
ポテサラと揚げ物、刺身を多目に。
そして、ウーロンハイを5杯。

昼食後と帰宅時、ウォーキングを各15分ほど。

そして先ほど帰宅して、血糖値を測定。
最低値記録更新の76っ!


私、ご飯を少し多目に摂取すると、長時間に渡り血糖値が爆発しますが、
ご飯茶碗に軽く一膳なら、200を超すような異常血糖値には今のところならない様子なので、
次の機会では、軽くご飯一膳を日に二食摂取してみましょう。


計測器により、血糖値が爆発しない量を探りながら、血糖異常の悪化を遅らせ、

上述の先生から言われた健康食品に高い効果がある事を、切に祈らずにはいられない私です…。


人間関係って大切ですね。

また報告します。