読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクに乗って探します

趣味のバイクを中心として、仕事や何かへの挑戦等、その時々に興味や関心を寄せている事柄をテーマにする雑記帳です。また、バイクに乗る幸せを通じて、人生の幸せを探せる可能性を探ってみたいと思います。

甘かったっす…。

さて私、
糖質制限と、
ウォーキングにスクワット、
これで9㎏減量し、

食後以外での血糖値は、計測値が2桁を、ほぼ毎回記録するまでに回復。

こ、これは、耐糖能異常そのものが改善してきたのでは?

と期待し、本日は、
◼糖質量が推定25gの、ツナ豆腐サラダ
◼糖質量11gの、ブランのバナナクリーム&ホイップパン

で血糖値測定。


結果は、食後1時間値で、
サラダが、90→163 (糖質1g当たり約3の上昇)
ホイップパンが、89→154 (糖質1g当たり、約6の上昇…。こ、こりゃ、もう食えないぞっつって…。)

……、食後高血糖と、
糖質グラム当たりの血糖値上昇幅は、
全く改善しておらず…。

私も、ホイップパンも、
甘かった…。


ま、数十年の暴飲暴食が招いた現状ですからね、
僅か数ヶ月の対策で、治癒する筈もありませんねー。

しかし、空腹時でさえも殆どなかった血糖値2桁が、
ここ数日では、食後以外での計測においては、ほぼ毎回。

これはこれで、第一歩目の成果としては悪くないっ!

遅れるけど、その後には、
しっかり血糖値が落ちるようになってきた、
との解釈も成立する訳ですからね。


そして、このような各種データから、
私の耐糖能異常は
インスリン追加分泌遅延
である事が推測できますね。

専門性が高い難解な理論は理解しきれていませんが、
「食後高血糖を改善する」
可能性を求めるには、
高血糖の状態を作らない」
事が必要なようです。

この事から、
積極的選択でのウォーキングと階段昇降、
消極的選択としての糖質制限
暫くはこれで行ってみるつもりの私です。

また報告します…。