読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクに乗って探します

趣味のバイクを中心として、仕事や何かへの挑戦等、その時々に興味や関心を寄せている事柄をテーマにする雑記帳です。また、バイクに乗る幸せを通じて、人生の幸せを探せる可能性を探ってみたいと思います。

ライダー同士の挨拶。ピースサイン ・ヤエー!!

さて私、昨日のブログで、ライダー同士の挨拶、ピースサインについて言及致しました。

ネットで少し調べてみると、
「yaeh !!」=「ヤエー‼」
とのキャッチコピーで、ピースサインの復興を呼び掛ける団体があるそうです。
f:id:kazebike:20160718142217j:plain
f:id:kazebike:20160718142210j:plain
http://yaeh-sticker.com


また、輪島でも有志のライダーさん達が、ピースサイン復興活動をなさっているとの事。
f:id:kazebike:20160718143231j:plain


やはり、あの素晴らしい文化の復興を望んでいる方々は少なくないんですねー。

バイクブームとピースサインが全盛期だった四半世紀前。
ピースサインがしたくてバイクに乗り始めた、って人がたくさんいたんですよ。


現在では、ネットの書き込み等を読んでいると、
「ピースを送っても、無視されたら凹む」
との理由で、躊躇してる方も多いようです。

それに対する、「俺は、ライダーではなく、健気に走っている対向のバイク達にヤエってるつもりだ。そうすれば返答が無くても凹まないぞ」なんてレスを読み、笑ってしまいました。
これ、ナイスアイデアですねー!

返答が当たり前になったら、それは非常に楽しい訳ですが、
その為の普及活動である!
また、返礼がない時もあるからこそ、あった時の楽しさも大きい!
と思えば、返答が無くても気にならなくなります。


以前、ツーリングで山梨の雁坂みちを走行していた時の事。
4~5台の若いライダーのツーリンググループとすれちがった際、その内のタンデムのビッグスクーターが、2人揃ってピースをくれましたので、私も返答。

すると、そのタンデムの2人は大声で喜んでいました。
よほど、返答が少なかったんでしょうね。


でも今月のBike Brosの調査によると、現在では8割以上のライダーが、ピースをくれたら何らか返答したいとは思っている、との事ですよ。
http://news.bikebros.co.jp/info/news20160711-02/

多くのライダーが「やってくれたら返したい」と「思う」ところまでは、ピースサインは復興してきている訳です。

ですから、あとはみんなが自分からピースサインを出すようになれば、あっという間に復興します!


北海道は、今でもピースサインは当たり前のようですし、
関東周辺では、私が昨日も走った道志道が比較的返答率が高いとの事です。
朝霧高原は、先制してピースをくれた方がたくさんいました。

ピースサイン、ヤエーを未経験の方は、まずは道志道や朝霧高原で、その楽しさを味わってみてくださいっ!

また報告しますっ!