読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクに乗って探します

趣味のバイクを中心として、仕事や何かへの挑戦等、その時々に興味や関心を寄せている事柄をテーマにする雑記帳です。また、バイクに乗る幸せを通じて、人生の幸せを探せる可能性を探ってみたいと思います。

血糖値の基礎知識

さて皆さん、血糖値ネタが多い昨今の当ブログ。
ここで、血糖値の基準値について再確認しておきましょう。

空腹時血糖値 (9時間以上の絶食)】
◼60~99 :正常値
◼100~109:正常高値
◼110~125:境界型糖尿病
◼126~ :糖尿病型
(単位:mg/dl)

となっています。

次に、各年代の平均値を見てみましょう。

空腹時血糖値の年代別平均値】
30代:96
40代:100
50代:106
60代以上:112
(単位:mg/dl)

私、ここは大きく改善しまして、
毎朝の血糖値、9時間に満たない7時間前後の絶食であるにも拘わらず、それでも、
概ね80~105mg/dlです。

30代より、良い平均値っ!

起床直後に測定し、
80mg/dl台だと、ちょっと嬉しく、
90mg/dl台だと、「ま、普通。」、
たまに100mg/dlを超えていると、かなり凹み、

と感じる程、改善していますが…、

も、問題は、食後血糖値…。

まずは、その基準値から見てみましょう。

【食後血糖値 (食べ始めてから2時間後)】
~139:正常値
140~199:境界型糖尿病
200~:糖尿病型

ここが私、炭水化物を一人前も摂取すると、
まだ境界型の値である場合が多く…。

3時間~3時間半が経過しないと、
正常値入りしません…。

食後2時間と、
あと2時間以内の随時で、
もう10%血糖値が下がれば、
恐らくギリギリ正常値に入ります。

しかしっ!
ここでっ!
救世主が現れっ!

先に報告した、活性酸素除去系の機能性健康食品ですっ!

炭水化物を一人前食べ、
その健康食品を摂取すれば、

仮に食直後であっても、
30分後には、スパッと正常値に下がりますっ!

だから私、インスリンは、
ちゃんと出てる、
若しくは出る筈なんだよなぁ…。

インスリン以外の摂取物では、
血糖値は下がりませんからね。

つまり、私の食直後高血糖の原因は、
インスリン抵抗性だと思うんだよなぁ…。


と言う事で、
インスリンの効きを悪くする、
所謂、インスリン抵抗性の原因である、
内臓脂肪の減量が急務だと思っとる訳でございます。

9~10kg痩せたのに、

じ、実は、

体脂肪率も、
内臓脂肪レベルも、
BMIも、

ぜ、全部、標準高値の私…。

ど、どんだけ太ってたんだっつって…。

また報告します…。